2020-05-28

GWに新しい趣味に挑戦したい時の心構えは?あなただけの本当の趣味とは?

|そもそも趣味の定義とは何かを考えてみましょう
 趣味とはその人が時間を忘れて没頭できるくらい好きなものと考えています。
 その趣味を行っていると「ワクワクする」「心がときめく」などで
 本人が好きなことなら何でも良いわけです。
 ですが、ここで趣味を選ぶ際にとても重要なことがあります。
 それは下記より述べて行きます。

|趣味選びに大事なことは?
 趣味選びサイトなどでよく言われるのが短時間で簡単にできるものと言われますが
 それは本当に趣味と言えるのでしょうか?
 本当にハマった趣味は長時間やりたくなるものです。
 
 また始めは費用がかからない趣味を選ぶという事もよく言われますが
 これは逆に途中で挫折しやすくなりおすすめしません。
 負担が低い額はつまりそれだけやめやすいということにもなります。
 だからと言って負担が大きければ良いわけでもありません。
 ここで言いたいのは費用で決めるのは得策でないということです。
 
 本当にその趣味にハマると他にお金をかけなくなります。
 そうなっていくともうその趣味はあなたのものになりつつあるのです。
 極端な例だったかもしれませんが、趣味にハマるとお金の使用用途は確実に変わってきます。
 
|人の目を気にし過ぎない
 一番に伝えたいことはこれです!
 人の目を気にし過ぎていないかどうかです。
 もちろん犯罪行為はいけません。
 そういう意味合いではないです。
 
 人目を気にし過ぎて趣味を選ぶと本当の趣味に辿り着けないということです。
 例えば下記のように
 
 ・家族からどう見られるだろうか?
 
 ・友人に胸を張って言うことができるだろうか?
 
 ・社会的認知度やオタクと呼ばれて引かれないだろうか?
 
 時々こういったことを心配される方がおられます。
 たしかに周りがやっているメジャーな趣味が安心するのかもしれませんが、
 それは人から見て高評価されやすい趣味であって、
 あなたの本当に満足する趣味である可能性はかなり低く長続きしない確率が高いでしょう。
 あなたが本当に大好きな趣味はあなたの心の中にしか存在しません。
 家族や友人にどんなに引かれようとも自分が楽しいものが本当の趣味なのです。
 当たり前のことを言っているように思われるかもしれませんが、
 自分だけの趣味を選べている方はこの日本では少数だと考えています。
 もし、あなたが本当の趣味をお持ちであればとても幸福なことだと思います。
 
|ダミーの趣味も必要
 ここまで読んで「そうは言っても社会的立場もあるから」という方もおられると思います。
 もちろんそれはそうだと思います。
 例えば「会社の社長がそんな趣味をしているの?」と言われる時はあると思います。
 面倒かもしれませんがダミーの趣味を持つ事も必要になるかもしれません。
 ですがそれも考えた方次第です。
 本当の趣味に繋がるものをダミーの趣味にすれば良いわけです。
 例えば「コスプレ」が趣味だとすれば「ファッション」をダミーの趣味にすれば良いなどです。
 

|まとめ
 ・本当の趣味選びは時間や費用などで決められない
 ・本当に大好きな趣味はあなたの心の中に存在する
 ・本当の趣味に繋がるダミー趣味も必要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です